「脱原発」を訴えるデモ行進が東京都内でありました!

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は、地球の環境について考える「アースデイ」の日です。それにあわせて、
「脱原発」を訴えるデモ行進が東京都内でありました。
参加したのは、約5000人だそうです。家族連れも多く参加していたようです。
やはり、東日本大震災における福島原発事故の放射能問題が大きいことから、
このようなデモ行進へと発展したのかもしれませんね。

やみくみに原発が悪いわけではなく、実際に今までは原発を抱えた地域の方、
さらにはその電力をつかう人々は、原発の恩恵をうけてきたわけです。ただ、
原発の万が一に備えての危機管理が想像を超えたものであった今回の事故は、
これからの原発の危機管理について大いに考えさせるものになったのではない
でしょうか・・・・。
原発に変わる「エネルギー政策転換を」と、今回の東京でのデモ更新では訴えて
いましたが、まったくそのとおりだなとも感じます。

最近では、風力発電が見直されているそうです。けっこう強い電力を出力するそ
うで、日本全国でかなりの数ができています。
ただ、地域住民に近い場所だと、風力発電での、あの巨大な羽がまわる音や
風圧に対してのクレームもあるということで、立地条件が問題となっているよう
ですが、原発と比べたら全然安心なイメージですよね。
最近の風力発電所は、海の中に立てたり、といったこともされてきているので、
大いに期待したいです。

原発がコストとして安い、との情報もありますが、あまりにも危険性が高いの
ではないのかと思います。原発事故の後遺症は、1年単位ではなく、5年、
10年単位で考えないといけないとも言われます。
この大きなリスクを考えて危機管理を強化しても、自然の災害の前では、今回
のように想定外のこともありうるわけですから・・・やはり、安全な電力供給を
願ってしまいます。
電気のない生活が考えられないなら、それが安全に供給される道を国も国民も
考えていく時期になったのかなと思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.midletonandareachamber.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、amicomが2011年4月24日 22:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知っておきたい二次会の服装についてのマナーですよ^^」です。

次のブログ記事は「好印象を与える結婚式 披露宴の服装はどうかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。